家から出たくありません。家でできる仕事で本業にできるもので簡単なのを教えてください。

ご自分の得意分野から何を本業にするかを決めることが必要です。

あなたが、ユーチューブを視聴していて将来ユーチューバーも視野に入れているのであれば、動画編集のお仕事はいかがでしょうか。

動画編集の基本は、動画をつなぐ、分割する、文字乗せ及び効果音です。

動画編集のやり方はネット上で掲載されていますのでそこから学ぶことができます。

無料で編集作成できるソフトたくさんもありますから、口コミや評判を集めて選んでください。

クラウドソーシングの動画編集はおよそ1本100円から10000円超えまでかなり幅があります。

まだ比較的新しい職種でこれから需要が高まるでしょう。

では、未経験からこの仕事につくためにはどうすれば良いのでしょうか。

この仕事をするにあたっては、16ギガ以上のパソコンとネット環境は用意すべきです。

動画は編集はどうしても大量のメモリを必要とするので、メモリの大きいパソコンは欠かせません。

次にあなたがリサーチした無料動画編集ソフトをインストールして実際使ってみましょう。

無料のオンライン講座のあるソフトもありますので、上手く使えない場合そちらを視聴してみましょう。

ソフトが使いこなせるようになったら、クラウドソーシングの動画編集案件で初心者OKの案件に挑戦してみます。

最初は時間の短い、単価の安いものから実積を積んで徐々に高い案件に移行するようにスキルを磨いていけば、あなたの本業は動画編集に変わります。

家で出来る仕事で正社員になることはできますか?

在宅で正社員になれる職種としてはいくつかありますが、ここでは2つの職種を取り上げます。

1つ目は、ITエンジニアでウェブサイトやスマホアプリの開発や制作に携わる仕事です。

いわゆるソフトウェアを製作する総指揮官といえましょう。

需要が多く月収が60万円から95万円と高い求人が軒並みです。

その分、スキルと経験がものをいう職種で未経験ではなれません。

20代の方でITエンジニアを目指すならば、プログラミングを学べるオンラインスクールがありますので、そちらを受講するのが良いでしょう。

30代以上でITエンジニアを目指す方は、転職が叶わない場合に授業料が返金されるスクールがありますので、そちらをお試しください。

有料の場合は、30万から40万以上の高額な授業料がかかる場合もありますので、スクールは調査をして選ぶ必要があります。

2つ目は、ウェブデザイナーでクライアントの依頼に沿いウェブデザインを担当する仕事です。

サイトの更新や追加など使いやすさを含めた全体の設計に関わる幅広い内容があります。

要約すれば、ウェブサイトのデザインとコーティングをすることです。

仕事の流れとしては、クライアントの聞き取りからサイトのレイアウトを作成、レイアウトをもとにソフトウェアを使ってサイトのデザインを制作し、リンクの設定や文字加工などデザインを見える形にする作業になります。

ウェブデザイナーは資格は必要ありませんが、イラストレーターやフォトショップのソフトが使え、HTMLとCSSを使いこなすなど様々なスキルが要求されます。

未経験の方はウェブデザイナースクールの無料体験から始めていかがでしょうか。

Copyright© 【家でできる仕事】本業にできるオススメの在宅ワークとは!? , 2020 All Rights Reserved.